今日は、久しぶりにサンボーホールで開催された「そうさく畑60」を見に行った。

それほど同人誌の漫画を買ったり読んだりするわけではないし、自分も何年も描いたりしていないのだけれど、初参加した頃の10年以上前から時間が止まっているような空間が何か好きで、機会があればなるべく行くようにしている。

変わってないと思っても実際には色々と変化はあるようで、今日気が付いたのは、パンフレットが自由購入になっていたこと(前回は売り切れで買えなかったのだけど)、募金箱が設置されていなかったこと(個人主催から、イベント会社主催に変更になったらしい)、今までジャンル分けがなかったのが、ジャンル別に配置されるようになっていたこと(これは、前にチラシの申込用紙に参加ジャンルの欄があるのを見つけて驚いた)。以前は禁止になっていた18禁モノが解禁されていたこと、原画展がプロの漫画家だったこと(18禁OKやプロの参加はコミティアのイメージがあった)。

もうあの頃の雰囲気のイベントじゃないんだと自分が実感するようになったら、足も遠のくのだろうけど、まだしばらくは都合が合えば行きたいと思う。

今日は2冊購入。
・古本ぐらし 1998-2000年の間の総集編(1)改装改訂版(制作:時刻堂)
・独身×三十×一戸建て(制作:Original Aim)

今日は、「その他」ジャンルの配置の資料系の本に面白いものが多かった。

次回開催は未定とのこと。